NPOトップへ
   
過去のNPO掲示板情報
Q.
改正NPO法の影響は・・・?
NPO法が改正されましたがその影響はでているのでしょうか?
A.
現在のところ特に影響はないようですね。
ようやく、手引きができてきたので影響があるとしてもこれからかもしれません。

現在の行政の窓口では急に相談件数が減ったそうです。
NPO法人に対する原則課税なんて話題がでてきたからでしょうか。
今回の改正では、特に法人に対して不利になるような事項はないと思います。 若干収支予算書の項目まで指導されているのは、個人的には必要ないような気がしますが、あくまで予算の段階なので特にクリアーできないとは思えません。今後の動向に注目しましょう。
Q.
NPO法人がどんどん設立されていますが、はたしてどのくらいまで増加するのでしょうか?
現在日本では1万団体を少し超えたくらいではないでしょうか?
A.
わが国で広い意味で公益活動をおこなってる団体は9万団体くらいです。
このペースでいくとNPOが1大勢力になるのも遠いことではありません。

実態のないNPOや単なるタックスシェルターの団体も数多くあるのも事実です。
このあたりの是正を考えての原則課税との方針を打ち出したのでしょう。
海外に目を転じると、アメリカのNPOは116万団体もあり、日本とは比べようがないほどです。
また、税金に対する優遇措置もかなり進んでいます。

今後は、日本もNPO団体が加速度的に増えて、勢力をもつようになり、税制改革にそれなりの意見がとおるようになるのではないでしょうか。
Q.
NPO・NGOと英語の略語が新聞をにぎわしています。
毎日なんらかの形で記載されているのではないでしょうか?
この、NPOとNGOの違いがはっきりと説明できますか?
A.
NPOは非営利団体でNGOは非政府組織です。

もう少しわかりやすく説明すればNPOは営利を追及しない団体です。
でも、必ずしも対価をもらう活動ができないとか、廉価でしか対価をとれないということはありません。
ここでの非営利とは株式会社の株主のように、構成員に利益を分配することはできなくて、その利益は非営利活動にしか使用できないという意味の非営利です。

NGOについて説明をくわえれば、国連・政府と連携して国際地域に貢献する団体のことです。
例をあげれば、日本赤十字やユネスコなんかもその1例です。

広い意味でのNPOの中に含まれますが、その範囲外のものもあります。